赤木裕子住宅設計室赤木裕子住宅設計室

【東京都足立区 M&Uさんのおうち】  (1997年6月完成)

家づくりマガジン 「ニューハウス」 Vol.44 No.513 (1998年6月) に掲載されました。

2世帯で暮らす家。
密集地の変形敷地に建てられた エアコンを使わない
とても住みやすい健康住宅。
狭くても広々と暮らせる ふれあい重視の住宅です。


 ↑ クリックすると記事が大きくなります ↑

…………・…………・…………・…………・…………・…………・…………・…………・…………・

家族構成: 建主夫婦+子供3人+親夫婦
敷地面積: 106.78㎡ (32.30坪)
1階面積: 58.34㎡ (17.65坪)
2階面積: 65.11㎡ (19.69坪)
3階面積: 63.74㎡ (19.28坪)
延床面積: 187.19㎡ (56.62坪)
工事費: 4345万円
構造: 鉄骨造3階建

土地を買い足して 極端な変形敷地に

 下町の風情を色濃く残す都内のとある一角、住宅が密集していて道路も狭く、
さらにかなり複雑に入り組んでいます。
敷地はかなり変形していて、ちょうどカギの手といった形態。
どうしてこういう敷地なのでしょう?

もともとは四十年ほど前、Uさんの両親が道路沿いの土地を借り
家を建てたのがスタートでした。その後しばらくして娘であるUさんが結婚、
別の地域に中古住宅を求めて住むことになります。

ところがこの土地付き中古住宅はすでに築十五年以上たった建売住宅で、
間もなく建て替えざるをえません。そこで・・・と、便利な都内にある両親の家を
建て替え、2世帯住宅として暮らす方法を考えました。

しかし、コトはスムーズにはいきませんでした。Uさんの夫にしてみれば、
いわゆる「マスオさん状態」です。「それはちょっと、ね」という
ためらいがあったからです。

そんなわけで、4、5年考えましたが、結局は当初の計画どおり2世帯同居の
住まいを建てることになりました。そうなると今までの土地では手狭です。
そこで、隣地も買い足したところ、極端な変形敷地となったわけです。
もともとの借地は中途で買い取っていましたので、全部が両親の所有になります。

資金はそれぞれの持ち分に応じた負担です。親子といえどもこの辺はドライに
やっておかないと、税金問題などトラブルの元になりかねません。

設計は本誌「ニューハウス」誌上で作品を見て手紙を出したことから。
女性設計者ならではの気配りが気に入り、正式に設計を依頼することになりました。

十年離れていたので 独立性の高い別世帯に

両親とその実の娘夫婦との暮らしですが、そうした血縁を承知の上で
Uさんは互いの独立性の高い別世帯プランを希望しました。
結婚で家を出て、かれこれ十年が経過していたからです。
孫にあたる子供たちはともかく、婿である夫の立場にも配慮した結果で
あることはいうまでもありません。

「キッチンが2つ、お風呂も2つというのはもったいないなあとも思いましたけれど」とは、
Uさんの正直な感想です。スペースやお金の面ではムダに見える選択でしたが、
結局はそれが正解だったかもしれません。

両親にとってはこれが3軒目の住まい、そして実はUさん夫妻にとっても3軒目の
住まいでした。最初にマンションを買い、それを売って中古の一戸建てを買い、
こんどは2世帯住宅・・・ということなので親子ともども住まいの大ベテラン。

で、両親はゆうゆう「ほとんどおまかせ」状態。Uさんは主婦らしく
それなりに注文を出しましたが、その中のひとつがOMソーラーの導入でした。
設計者はこの案に対しては難色を示したのですが、結局導入決定!
しかしスペースの関係で「別々の玄関」はあきらめることになりました。

こうして1階が両親のM邸、2・3階が娘夫婦のU邸の鉄骨造3階建て住宅が
誕生することになったのです。狭い敷地を最大限利用するため、
一部天井が低かったり変形部分があるなど多少の無理もあります。
けれども考えようによってはこれもユニークさの現れ、とくに大きな違和感はありません。

全体をワンルームとして通風に配慮し息苦しさを感じさせないようにしたのは
好評です。クーラー嫌いのUさん夫妻にとっては、自然の風が入り
夏涼しく冬暖かいのがなによりです。

また、健康住宅でもある点も見逃せません。紙のクロス、ムクの木、コルクの床など
自然素材を多く取り入れています。
さらに収納もたっぷり充実しています。

 (以上 「ニューハウス」 2世帯で暮らす家 の記事より抜粋)

…………・…………・…………・…………・…………・…………・…………・…………・…………・

設計者からのこだわりポイント☆

・法規の規制が厳しい地域である上、敷地が変形している。
→ この条件を多いに活用し、遊び心をくすぐる、明るく楽しい家にしました。

・OMソーラーならではの、間仕切なしの広い空間。
→ バリアフリーも考慮し、和室・洋室間の段差もなくしています。

・自然素材を使いたいという希望もあり、内装は”木”をメインに使っている。
→ クロス(壁紙)は紙で、体にも優しいエコロジータイプです。

…………・…………・…………・…………・…………・…………・…………・…………・…………・

Keywords: 2世帯 同居 娘夫婦 変形敷地 3階建て 自然素材 OMソーラー 女性ならでは

コメントは受け付けておりません.

赤木裕子住宅設計室 [yuko-akagi@nifty.com]
〒300-1152 茨城県稲敷郡阿見町荒川本郷1343-85
TEL: 029-842-3027 FAX: 029-842-6601